あなたの周囲の人は語る

コズミック通信 No.22 2006/12より

あなたがどんな人かを

別に直接に語ってもらうわけではありません。「類は友を呼ぶ」といいますが、すべてあなたと同じ部分をもっている人が集まるわけではありません。しかし「類は友を呼ぶ」わけですから、周りにいる人をみれば、あなたがどんな人かが判るといっても過言ではありません。
ちょっとずつどこか(その部分が、自分が好む、好まざるに関わらず)をもっているのです。「類は友を呼ぶ」というのは波動つながりですから、目で見えるところで似ている人もいれば、見えないところ(他人には隠している、あるいはエネルギー的に)とで似ているということもあります。
エネルギー的にどの部分が繋がっているかは、波動測定(スキャン)しないと、なかなか判りませんが、個人のもつエネルギーの質レベル個人の器によっていろいろな「類」を呼び込みます。そしてその時々に必要な「友」を集めるのです。

例えばAさんとBさんとは「エネルギーの質」つながりだけれど、AさんとCさんは「エネルギーレベル」(これもいろいろなレベルがありますが)つながりである。でも、このAさんを中心とした関係でも、BさんとCさんには直接エネルギー的な関係はない、ということがあったりします。さらに個人の器が加味されていきますから、どういうつながりかの組み合わせは、計り知れないものがあるということです。ですから運までが「類は友を呼ぶ」人と同じになることはないのではないでしょうか。

しかし、人は無造作に偶然にあなたのまわりにいるわけではありません。人が「存在している」ということはなにか意味があるのです。意味のない人などいません。

「最近、よくないことがよく起きるなぁ」と思ったら、周囲の人を見回し「あれじゃぁね」と思うようなことを自分がしていないか、よおく振り返ってみましょう。そして「あの人はいいな」と思うところは真似しましょう。もちろん行動だけではなく、考え方も取り入れることが大事です。あなたが変わらなければなにもかわりません。変わりようがないのです。波動は魔法的な要素もありますが、それがすべてではありません。エネルギーをいくらかえても、本人がなにも変えようとしなければ、元のエネルギー状態に戻ってしまうということを理解してください。

もうひとつ、自分の望む状態になかなかならないときに、見つめなおしていただきたいことがあります。それは「今の○○な状態(周囲の人の総意の願望)をよくしたい」=自分が望む状態にしたい(我欲)というときに、本当に心の底(潜在意識というか無意識というか)からその達成を望んでいるのか、ということです。
たとえば望んではいるけれど、実際に行動しないのであれば切迫して困っているのではないか、ということです。宝くじだって買わなきゃ当たりませんし、無職のままで収入は増えません。

しかし、無意識の部分で抵抗があることは、ちょっとやっかいです。これは大きくわけてふたつの場合があります。(ご自分の願望や問題を当てはめてお読みくださるとわかりやすいかも知れません)

①気持ち(意識)でそうは思っていなくても、無意識の部分で「困っている事で自分の存在が確認できるので、今の状態が実は居心地がいい」と思ってしまっている場合
②願望達成をしたいけれど、達成に向けてがむしゃらになるより、日々の心の満足のほうが本当は大切だと思っていたり、すでに気づいていたりする場合

このように意識と無意識が同じ目的に向かっていないと、願望達成はうまくいかないことが多いのです。
さぁ、あなたを取り巻く状況はどんな感じでしょうか。現状に満足な方はよかったです。そのままレベルを維持、さらにステップアップしていきましょう。
現状に満足できないという方は向上心がある方です。あきらめずに改善していきましょう。どこでつまずいているのか、どうやって改善していったらよいのかご相談ください。

あなたの今までの考え方、ものごとの捉え方・行動様式の結果が現在です。したがって、自分が変わらないと変化は起こらないのではないでしょうか。すべてが他力本願でOKならばいいのですが、そうはいかないのが現実の理です。創意工夫し実行しようではありませんか。

悩みと気づき

コズミック通信 No.13 2002/3より

自己改善しレベルアップするためには「気づき」が、どうしても必要です。いくら波動を改善しても、自分の元々の想念がマイナスに偏っていては、波動は元に戻っていきます。人は大小、人により様々な悩みを抱えて生きていますが、実はこの悩みこそが、あなたが「気づく」ためのスイッチなのです。

物事にはすべて陰と陽があります。悩み事を陰とするならば、解決という陽が隠されています。悩みごとを”球ー地球”と考えるといいかも知れません。太陽と反対側に位置しているところは、陰。太陽が当たっているところが陽。なにか問題が生じた時、あなたはその問題をどう捉えるでしょうか。悪い、つらい、大変だ、と問題の陰の部分ばかりの虜になるのか、なぜこの問題が起きたのか、自分はこの問題からなにを得ることができるのか、どういう結果を得られるか、と陽の部分を捉えるのか。

この問題に対する捉え方が、もっとも大事なポイントだといえます

問題(悩みごと)が生じると、人はそのことの陰の面ばかりにとらわれてしまいがちです。簡単に解決できれば、それでもいいのですが、そう簡単に解決できな時こそが重要な時なのです。同じような問題が繰り返し起きる、ある問題がなにをしてもなかなか解決しない、こういう問題の場合、陰の部分にばかりに捕らわれていて、別の角度(つまり陽)から見ることが出来なくなっていることがよくあります。悩み事にしがみついてはいけません。

どうすれば一歩進んで、陽の部分を見ることができるでしょうか。そのために、神でも宇宙でもご先祖さまでもいいので、「ほら、気づきなさい、気づきなさいよ」と成長を促されているのではないか、と考えるのです。
人はそれぞれ問題を「与えられている」と考え、人は常に「生かされて、やらされている」と思ってみたほうが気づきのためにはよいようです。なぜならば、そうすることによって、しがみついていた問題の現象面から少し距離を置いて見ることができるようになります。
あなたに起きる問題はあなたの気づきのために必要なスイッチであるだけで、「あなたに解決できない問題は、あなたの前に現れない」のです。「やらされている」のだから「必ず解決できる」に決まっているのです。
問題点を「どうでもなれ」と心の底から居直ってしまうと、精神的にもラクになり、余裕こそなくても、やはり距離を置いて問題を見ることができるようになりますから、今までと違う方法で対処しようと考えはじめ、陽の部分に近づけるのです。

当協会で様々な人の相談に応じていて、問題を抱え本当に困って悩んでいる人ほど「やってみたほうがいい」「試してごらん」ということに積極的に取り組みます。悩みごとを「大変だ、大変だ」と被害者になっていたい人は、なんだかんだと理由をつけ、仕方がない、と動きません。行動、考え方を変えない限り、問題は同じようなものが何度もくるか、解決しないまま、あなたに憑いてまわることでしょう。

そもそも問題に隠されている陽の部分に気づくということは、あなたの成長を助けること。裏を返すと問題のない人生はあなたの成長もないということではないでしょうか。問題は気づきのスイッチなのですから、新たに気づくために必要なものなのです。そして問題点の陽の部分に気づけば成長のチャンスです。こう考えると悩ませる問題に感謝をしてもおかしくないくらい、ありがたいことなのです。問題の出現に感謝できるようになれば、あなたはものすごいステップアップをすることでしょう。

人間をスキャンすると、「とても高度で精密な波動機器である」と出ます。波動機器であるということは、波動をキャッチすることもできれば、波動を発することも、調整することもできるのです。その波動機器自体の性能をあげるには、自分自身が新たな気づきを得ることが、最良、最強の方法なのです。

不幸にして、なにに気づけばいいのかわからないこともあります。そういう場合は頭であれこれ迷うくらいなら、まず前向きと思われる行動をしてみるのです。1ヶ月、2ヶ月後に気づきを得られることも往々にしてあります。しかし、一方で自分ではどうしようもできないことに邪魔されて、本質がわからなくなることもあります。そう、「気づきを得る」ということは気づいた人がレベルアップする、ということですから、邪魔が入ることもありえるのです。

Aさんという人がなにか気づきを得るために努力をしていたとします。Aさんにまとわりついていたマイナスエネルギー(周囲の人かも知れません)はAさんがレベルアップすると、くっついていられなくなるので、なんとかしてAさんのレベルアップを阻止しようと、あの手この手で元に戻そうとします。新たなレベルアップに伴い、このように足を引っ張る力も働くのです。
こうなってしまった場合、人はどのように変化するのでしょうか。陰の面ばかりを見、人や物の欠点ばかりに目がいくようになり悪口、嫉妬、あるいは霊的なことばかり話し出したりします。このような現象が起きているということはマイナスエネルギーに捕まっているのです。気を引き締めていきましょう。

Aさんが、前向きな努力を続けたとしましょう。マイナスエネルギーは一緒にいられないので離れていきます。Aさんは気づきを得、レベルアップするのです。が、そこで喜んでばかりもいられません。次のレベルにも当然、マイナスエネルギーは存在します。

他動的なもの、マイナスエネルギーなど見分けは難しいものがあります。当会にご相談くださるといいかも知れません。

最後に「想念波動」についてお話ししておきたいと思います。想念が出す波動のことなのですが、思い込みが激しいタイプの方は想念でマイナスエネルギーを引き寄せてしまいがちです。思い込みが激しいので、懐疑的になりマイナスエネルギーを呼びこんでしまい、自分本来の力が発揮できなくなってしまったりします。
想念というのは、自分の思い、考え方、世の中の認識の仕方ですから、自分で変えられるものです。ですから、マイナスの想念だけではなく、前向きな想念波動を出すことも可能なのです。けれども、なにごともそうですが、よくなっていこうとするには、努力をし続けなければならない大変さがあり、誰しもが敬遠したいと考えます。コツは「当たり前」にすることです。レベルアップするという努力をしたら、定着するまで意識し、「当たり前」にすることです。

問題はチャンスです。悩みごとという陰の裏の陽の部分をみつけ、「気づき」を得て前向きに生活していきましょう。

健康食品について

巷であふれている「健康食品」(健食)ですが、みなさんもなにかしら購入したり、摂取した経験がおありかと思います。しかし、なにをもって「健康」食品っていうのでしょうか?「わかっていると思うけれど、うまく説明できない」という方が普通でしょう。スラスラと説明できる方は、そうとうなマニアか販売経験がおありだと思います。

そもそも「健康食品」とは法令上は明確な定義はないようで、要するに「一般の食品よりも健康によい、と銘打って販売されている食品」のことです。私たちの周りにはサプリメント、栄養補助食品、機能性食品、特定保健用食品、栄養強化食品などの名目で販売されています。もう少し細かく表現すると「普通の職人を通常の摂取方法で取るのではなく、食品として通常用いられる素材の形態をかえて、栄養成分を補給する。または特別の保健の用途の助けとなるものとして販売されている食品」ということになります。
たとえば、リコピンという栄養を摂りたいときにリコピンをふくむトマトを食べるのではなく、リコピンをふくむあるいはリコピン100%のサプリメントを取るということです。

波動的に健康食品を見てみると、まず、効く場合は、

・肉体レベルで身体の細胞が必要としているとき
・エネルギーレベルで身体が情報を必要としているとき
・摂取すると起きるなんらかの変化が肉体的もしくはエネルギー的に必要であるとき
・健康食品と本人のレベルがあっているとき

と確認されます。
効かない場合は、この効く場合と反対のときです。体に必要ないものであったり、エネルギー的に必要としていないものであったり、摂取した結果が好ましくないものであったり、なにより本人のレベルにあっていないものであったりした場合です。

また、せっかく摂取して悪化する、というのは単純に健康食品に問題がある場合以外には、次のふたつのことが考えられます。

まず、エネルギー的に間違った情報が強まると、効かなかったり、今より悪くなったりすることがあります。そういう時は「○○に効く」つもりで摂取していたのに、違うところに作用してしまい、本来の目的を達成できていないのです。
もうひとつ、物質的な面の作用で悪化することもあります。量はともかく本人にとって過度に摂取した場合です。

そしてイワシの頭も信心から、の言葉どおり、想念で思う程度により、大きく効いたり、たいして効かなかったりすることもあるのです。

ところで最初は効いていたのに、だんんだん効かなくなってきた、という経験をおもちの方も多いでしょう。健康食品の中身や本人の状態が変わっていないことを前提として、波動的に見てみると、

・本人のレベルとあわなくなった
・健康食品自体のエネルギーが悪くなった

と出てきます。

エネルギーは製造・販売する側の商品に対する考え方などでも簡単に変わってしまうものなのです。(このことは、健康食品のみならず、化粧品などありとあらゆるものに起きています。)

レベルがあわなくなった場合も、食品自体のエネルギーが悪くなった場合も、とりあえずトラブルを避けるためには使用を中止したほうがよさそうです。使いかけがあるともったいないと思うこともあるでしょうが、そういう時は、当協会に持ち込んでくだされば波動をあなたにあったように調整します。お試しください。

本来、人間の身体は口から摂取したいろいろなものを分解する機能や皮膚など外部からの最近を進入させないようにする機能など、さまざまな素晴らしい機能を備えています。また、栄養も本来は食品からじゅうぶん摂られていたのです。
現在の日本は、飽食の時代といわれて久しいですが、栄養バランスの悪い人がいなくならない現実もあります。人間は誰でもラクなほうに流されやすいので、「食べやすいもの」「嫌いなものは食べない」「体を動かしたくない」となりやすいのです。そして、安易に足りない栄養を健康食品といわれているもので補い、バランスを保とうとしていきます。が、支障が出るくらい健康食品を摂らなくてはいけない人って、本当はどれくらいいるのでしょうか?

人間のエネルギー状態は時空を超える

波動では、前世もわかります。

仏教では成仏しても、ある程度のレベルまでは何度も生まれ変わるといいます。ある種の能力をもった人の中には、「前世の記憶がある」という人もいます。

唯一、私(棟方)にいえることは「波動を使ってスキャンすると、確かに前世が確認できる」ということです。
ある人の問題を解決するために過去をずーっと遡って調べていくと、原因が前世(過去世)にあったということは、それほど特殊なケースではありません。その人が過去世においてどんな人だったのか、いつの時代にどういうことがあったのかはスキャンすれば、すぐにわかります。そして、そのときの問題が現世の問題と関係しているのであれば、そのトラウマのようなものを解除することで、今の問題も解決できます。

よく「因縁」とか「業」とかいう言葉を使いますが、業とは仏教的には、その人が過去世において行ってきたことやいってきたことの「汚れ」です。したがって前世で悪いことをすれば、その汚れは現世(今の自分)にツケとして廻ってきます。ただし因縁はその人自身の業ではなく、先祖とか、ときにはその人とはまったく関係ない人のマイナスの感情や行いにより現れてくることもあります。その場合は、単純に本人の過去世の改善だけでは問題解決に至りません。一方、来世のバランスを整えることもあります。「えーっ!?」と思われるかもしれませんが、スキャンすると「来世を改善」と出てくるのですから、仕方ありません。

もう少し詳しく申し上げますと、人間のエネルギーの状態というものは過去と現在と未来がつながっていて、ちょうどエネルギーの輪のような感じがするのです。

つまり、今現在、あなたに起こっている問題は、あなた自身も記憶にない遠い過去のある時点のなにかが原因のこともあるし、未来のある時点での障害が影響しているのかもしれません。あるいは、もっと多くのそれぞれの時点での問題が複雑に絡み合って生じたことかも知れません。こう考えるとわかりやすいかも知れません。原因と結果はいつもつながっていて、原因が結果にもなるし、結果が原因にもなりえるのです。エネルギーは時空を超えるのですから、当然、ありうるのです。

原因不明の体調不良が回復

「このところずっと主人の体の調子が悪いんです。病院で診てもらっても、どこも悪くないといわれるし、一体、どうしちゃったんでしょう?」旦那様を心配して、こんな電話をしてこられたのはN.Tさん(50代、女性)です。これまでに3箇所の大学病院で受診されたのですが「原因がわからない」というのでした。
スキャンしてみると「木を伐った」ことが原因だとわかりました。N.Tさんに尋ねると確かに3ヶ月ほど前に庭にあった古木を伐ったとのこと。そして「実はその木は代々、伐ってはいけない、といわれていた木なんです」と告白されました。

さらにスキャンを続けるとその木には家を守る霊力があったことが確認できました。それを伐ってしまったものですから、土地のエネルギーバランスが崩れてしまったのです。
このときも確か「天地の塔」を用いて改善したと記憶していますが、ご主人の体調はすぐによくなりました。

家族に起きる不幸を除霊

N.Hさん(40代、女性)は「このところ悪いことばかり続いている」と相談にみえました。
3ヶ月くらい前に小学生の息子さんが交通事故に遭い、一ヶ月前にはご主人が転倒して右足を骨折、N.Hさんといえば、ここ一ヵ月半くらいの間に2度も財布を落としたというのです。
スキャンしてみると、まず現れたのは30歳くらいの女性の霊でした。しかし、これはたまたまどこかでN.Hさんに憑いてきてしまった霊で、まったく害はないことがわかりました。詳しく調べてみると、誰かに恨みをもった霊がいて、その霊が関係しているようでした。土地のエネルギーが悪いため、悪い霊が寄ってきたのか。悪い霊のために土地が悪くなったのか。あるいは両方が引き合ったのか、そのあたりはよくわかりませんが、とにかくN.Hさんの家族に次々と起こる不幸は、このことが大きな原因でした。

そこで波動による土地の改善、霊の成仏を行い、念のため庭に「天地の塔」を埋めていただきました。それ以降、N.Hさん一家はいたって平和なようです。息子さんはこの4月、希望の私立中学に入学したという朗報もありました。私も時々、気になってエネルギー状態をスキャンするのですが、今のところはなにも異常はないようです。

愛犬のアレルギー性皮膚炎が改善

K.Kさん(40代、男性)から電話があったのは06年の夏のことでした。相談の内容は「6歳になる愛犬がアレルギー性皮膚炎で苦しんでいて、なんとかしてあげたい」というもの。これまであちこちの動物病院に行ったそうですが注射や薬で一時的にかゆみは収まるものの、またすぐに症状があらわれ、一向によくならない。それどころかますます悪化しているというのです。
そこで、K.Kさん宅の犬のアレルギー性皮膚炎を改善するためのエネルギー調整を行うことにしました。前出のH.Nさんのときと同様にスキャンすると、このときは図形が出ましたので、それをFAXで送り、いつも犬の見えるところに貼っておくようにお願いしました。

三週間を過ぎたころ、K.Kさんからお礼の電話が入りました。3分の1近く抜けていた愛犬の体毛が生えてきて、酷かった体臭もなくなったとのこと。また、薬の副作用なのか、全身状態もよくなかったのが、今ではすっかり元気になったということでした。

愛犬の別れに心残りはありません

H.Nさん(50代・女性)から電話があったのは07年3月末のことでした。聞けば愛犬が瀕死の状態だとか。
「苦しまず、なんとか少しでも生きながらえてほしい」
それがH.Nさんの願いでした。

スキャンした結果、ひとつの文字が浮かび上がってきました。私はそれを紙に書いてH.NさんにFAXでお送りしました。そして「これを犬の見える場所に貼ってください」と伝えたのでした。なぜならば、それがスキャンして確認されたメッセージだったからです。
H.Nさんからはその後、こんなお手紙をいただきました。

「先日、愛犬はなくなりましたが、最後まであのFAXを犬の見えるところに置いておき、できる限りの看病をしましたので、亡くなった寂しさはありますが、心残りはありません。最後は飲まず食わずの状態で一週間近くも生きていられたというのも本当に不思議なことでした(略)」

人工レンズが安定

30代のO.Hさんは、一年ほど前から目の疲れがなかなか回復せず、ものが霞んで見えたり、ぼやけたり、電灯や太陽の光が非常にまぶしく感じるなど、目の異常を訴えるようになりました。そして、眼科で診察してもらったところ白内障と診断され、日常の生活にも支障が出てきたため、手術(左目)を受けることになったのでした。

ところが、術後、人工レンズ(人工水晶体)が外れてしまった(浮いてしまった)ということで、急遽、私のところに電話があったのでした。私は医師ではありませんので、実際にどういう状態かはわかりませんが、エネルギー的に人工レンズが安定するように波動を送りました。
以前、何度か同じように波動改善したのですが、その度にO.Hさんは「今回は力を抜いて(弱い力で)付けてくださったので、弱い圧迫感でした。」とか「今度は強めにしっかり付けてくださったので、より安定した感じがわかります」などとおっしゃいます。
最近ではコンクソルファーを使ってご自分で改善し、今のところ何不自由なく生活しているとのことです。

過去生療法のおかげで不調が改善

F.Tさんは30代の男性です。13歳で十二指腸潰瘍を患い手術。25歳でその手術の後遺症から急性胆嚢炎の緊急手術をし、手術後は過敏性大腸炎のように、消化器系全般の不調に悩まされていました。

この苦しみを波動で改善できないものか?と私を尋ねてこられたころは、まさに藁をもつかむお気持ちだったことでしょう。
スキャンしているうちになにか「過去」に問題があるということがわかりました。さらにスキャンを続けると「過去、3世戦死し、また魂に涅槃「涅」の4文字が刻み込まれ、それが全体に悪影響を及ぼしている」ということがわかりましたので、さっそくそれを解除しました。(過去生療法)
それ以来、F.Tさんは症状が出たとしてもすぐ治るようになり、それまではうつ病気味で感情起伏が激しく、悲しさで胸が締め付けられることも多く、あらゆる人の営みは結局は無駄だ。。。という感じ方しかできなかったのが、中立に考えられるようになり楽しさを感じられるようになったともおっしゃいました。