人工レンズが安定

30代のO.Hさんは、一年ほど前から目の疲れがなかなか回復せず、ものが霞んで見えたり、ぼやけたり、電灯や太陽の光が非常にまぶしく感じるなど、目の異常を訴えるようになりました。そして、眼科で診察してもらったところ白内障と診断され、日常の生活にも支障が出てきたため、手術(左目)を受けることになったのでした。

ところが、術後、人工レンズ(人工水晶体)が外れてしまった(浮いてしまった)ということで、急遽、私のところに電話があったのでした。私は医師ではありませんので、実際にどういう状態かはわかりませんが、エネルギー的に人工レンズが安定するように波動を送りました。
以前、何度か同じように波動改善したのですが、その度にO.Hさんは「今回は力を抜いて(弱い力で)付けてくださったので、弱い圧迫感でした。」とか「今度は強めにしっかり付けてくださったので、より安定した感じがわかります」などとおっしゃいます。
最近ではコンクソルファーを使ってご自分で改善し、今のところ何不自由なく生活しているとのことです。