大紋法により白血球の数が正常値に

T.Mさんは60歳代の男性。「大紋法奇尊五法秘」という大正法の上位の法の伝授を受けられた方です。

06年の4月末ごろ、あまりの腹痛と背中の痛みに救急車でそのまま入院。検査の結果、一週間後に転移もある末期の膵臓ガンと診断され、抗がん剤投与が開始されたのでした。

ところがその第一回コースの3回目の投与となる前日に副作用として白血球が極端に減少したため、投与は延期になりました。それからというもの、T.Mさんは気になるとひたすら大紋法によるセルフヒーリングを繰り返し行い、内蔵にも「氣」を送り始めたそうです。そして、4,5日後の採血の結果、白血球の数は回復し、抗がん剤投与の続行が伝えられたということです。さらにそれから一週間後には退院となり、通院治療に変わりました。

T.Mさんは、後日、「大紋法の効果をこんなにはっきり見せてもらったのは初めてでした。正直、うれしさと、自分でも信じられない”ポカン”という感じでした」と報告してくれました。