失恋から別人のように明るく

K.Hさん(40代、女性)が娘さんのTさんと一緒に私を訪ねてこられたのは、一年ほど前のことです。当時、Tさんには恋人がいたのですが、実は二股をかけられていたのです。ある日、帰宅途中のTさんに知らない女性が近づいてきて、いきなり「○○(彼の名前)は私のことを愛している。だから○○に付きまとわないで欲しい」といわれたのだそうです。Tさんは何がなんだかわからなくて、その場から逃げるように立ち去ったそうです。彼に問いただすと彼はその女性とのことを認めました。どうやら彼女もTさんの存在をつい最近になって知ったようで、ああいう行動に出たようなのです。

女の戦いはヒートアップするばかりで、何の解決策も見出せませんでした。一番悪いのは彼だとわかっていても、彼に嫌われたくないという気持ちが強かったのか、相手の女性を恨んでいました。
お母さんのK.Hさんは、彼と別れるように何度もいいましたが、娘さんはまったく耳を貸そうとはせず、困り果てて無理やり私のところに連れてきたというのが、本当のところだったようです。

お会いしたとき、最初、娘さんの口は真一文字に閉じられ「なにも話すことはないわ」という態度でした。しかし、彼女のエネルギー状態を調整しながら語りかけていくうちに、彼女の心が少しずつ開いていき、波動改善を素直に受け止める状態にまでなっていきました。K.Hさんは「ここに来るまでは、あんなに頑なだった娘が帰り道ではまるで別人のように明るくなって!」と驚きの声をあげ、その後、娘が彼ともキッパリ別れたことを報告してくれました。