愛犬の別れに心残りはありません

H.Nさん(50代・女性)から電話があったのは07年3月末のことでした。聞けば愛犬が瀕死の状態だとか。
「苦しまず、なんとか少しでも生きながらえてほしい」
それがH.Nさんの願いでした。

スキャンした結果、ひとつの文字が浮かび上がってきました。私はそれを紙に書いてH.NさんにFAXでお送りしました。そして「これを犬の見える場所に貼ってください」と伝えたのでした。なぜならば、それがスキャンして確認されたメッセージだったからです。
H.Nさんからはその後、こんなお手紙をいただきました。

「先日、愛犬はなくなりましたが、最後まであのFAXを犬の見えるところに置いておき、できる限りの看病をしましたので、亡くなった寂しさはありますが、心残りはありません。最後は飲まず食わずの状態で一週間近くも生きていられたというのも本当に不思議なことでした(略)」