過去生療法のおかげで不調が改善

F.Tさんは30代の男性です。13歳で十二指腸潰瘍を患い手術。25歳でその手術の後遺症から急性胆嚢炎の緊急手術をし、手術後は過敏性大腸炎のように、消化器系全般の不調に悩まされていました。

この苦しみを波動で改善できないものか?と私を尋ねてこられたころは、まさに藁をもつかむお気持ちだったことでしょう。
スキャンしているうちになにか「過去」に問題があるということがわかりました。さらにスキャンを続けると「過去、3世戦死し、また魂に涅槃「涅」の4文字が刻み込まれ、それが全体に悪影響を及ぼしている」ということがわかりましたので、さっそくそれを解除しました。(過去生療法)
それ以来、F.Tさんは症状が出たとしてもすぐ治るようになり、それまではうつ病気味で感情起伏が激しく、悲しさで胸が締め付けられることも多く、あらゆる人の営みは結局は無駄だ。。。という感じ方しかできなかったのが、中立に考えられるようになり楽しさを感じられるようになったともおっしゃいました。