あなたの周囲の人は語る

コズミック通信 No.22 2006/12より

あなたがどんな人かを

別に直接に語ってもらうわけではありません。「類は友を呼ぶ」といいますが、すべてあなたと同じ部分をもっている人が集まるわけではありません。しかし「類は友を呼ぶ」わけですから、周りにいる人をみれば、あなたがどんな人かが判るといっても過言ではありません。
ちょっとずつどこか(その部分が、自分が好む、好まざるに関わらず)をもっているのです。「類は友を呼ぶ」というのは波動つながりですから、目で見えるところで似ている人もいれば、見えないところ(他人には隠している、あるいはエネルギー的に)とで似ているということもあります。
エネルギー的にどの部分が繋がっているかは、波動測定(スキャン)しないと、なかなか判りませんが、個人のもつエネルギーの質レベル個人の器によっていろいろな「類」を呼び込みます。そしてその時々に必要な「友」を集めるのです。

例えばAさんとBさんとは「エネルギーの質」つながりだけれど、AさんとCさんは「エネルギーレベル」(これもいろいろなレベルがありますが)つながりである。でも、このAさんを中心とした関係でも、BさんとCさんには直接エネルギー的な関係はない、ということがあったりします。さらに個人の器が加味されていきますから、どういうつながりかの組み合わせは、計り知れないものがあるということです。ですから運までが「類は友を呼ぶ」人と同じになることはないのではないでしょうか。

しかし、人は無造作に偶然にあなたのまわりにいるわけではありません。人が「存在している」ということはなにか意味があるのです。意味のない人などいません。

「最近、よくないことがよく起きるなぁ」と思ったら、周囲の人を見回し「あれじゃぁね」と思うようなことを自分がしていないか、よおく振り返ってみましょう。そして「あの人はいいな」と思うところは真似しましょう。もちろん行動だけではなく、考え方も取り入れることが大事です。あなたが変わらなければなにもかわりません。変わりようがないのです。波動は魔法的な要素もありますが、それがすべてではありません。エネルギーをいくらかえても、本人がなにも変えようとしなければ、元のエネルギー状態に戻ってしまうということを理解してください。

もうひとつ、自分の望む状態になかなかならないときに、見つめなおしていただきたいことがあります。それは「今の○○な状態(周囲の人の総意の願望)をよくしたい」=自分が望む状態にしたい(我欲)というときに、本当に心の底(潜在意識というか無意識というか)からその達成を望んでいるのか、ということです。
たとえば望んではいるけれど、実際に行動しないのであれば切迫して困っているのではないか、ということです。宝くじだって買わなきゃ当たりませんし、無職のままで収入は増えません。

しかし、無意識の部分で抵抗があることは、ちょっとやっかいです。これは大きくわけてふたつの場合があります。(ご自分の願望や問題を当てはめてお読みくださるとわかりやすいかも知れません)

①気持ち(意識)でそうは思っていなくても、無意識の部分で「困っている事で自分の存在が確認できるので、今の状態が実は居心地がいい」と思ってしまっている場合
②願望達成をしたいけれど、達成に向けてがむしゃらになるより、日々の心の満足のほうが本当は大切だと思っていたり、すでに気づいていたりする場合

このように意識と無意識が同じ目的に向かっていないと、願望達成はうまくいかないことが多いのです。
さぁ、あなたを取り巻く状況はどんな感じでしょうか。現状に満足な方はよかったです。そのままレベルを維持、さらにステップアップしていきましょう。
現状に満足できないという方は向上心がある方です。あきらめずに改善していきましょう。どこでつまずいているのか、どうやって改善していったらよいのかご相談ください。

あなたの今までの考え方、ものごとの捉え方・行動様式の結果が現在です。したがって、自分が変わらないと変化は起こらないのではないでしょうか。すべてが他力本願でOKならばいいのですが、そうはいかないのが現実の理です。創意工夫し実行しようではありませんか。