玉宝命(法力 第2段階)

唱えれば幸福が得られるという『宝寿心和合来福神経(御嶺命富)』の福之神の御神体に封印されていた法力の秘法です。

福之神によって、大正法奇神十三秘法から続く一連の法の道を開いて頂き、心身我位天宝(神仏・体・魂・和・心)を授けて頂けるという、不可思議なほど優れた法力で、大正法奇神十三秘法の5倍強力なエネルギーを持ちます。

大正法奇神十三秘法が法力の《大門(入口)》とするならば、この玉宝命の法力は、神殿へと導く《中庭》の役目を担っています。その為、玉宝命の伝授可能者は、大正法奇神十三秘法を修了されていることが前提となっております。 当会では、現在も次々と新しい法力(エネルギーの道)の伝授を受けており、段階別にその役目を会員資格を有した希望者の方に伝授致します。

第1段階は、大正法奇神十三秘法。 玉宝命は第2段階であり、第3段階 大紋法奇尊五法秘、第4段階 紋開大正法奇宝由法と続きます。

  《法の功徳(御利益) 

・心身の浄化が計れます。

  ・感情の平穏を得られます。

  ・心が活性してきます。

  ・大正法奇神十三秘法を強化します。

この法は、単なるエネルギーや技術ではありません。利己的あるいは悪事に使用すると瞬時に法力が消え、その反動が現れます。この様な性格上、伝授をお断りする場合もございます。