サウンド ウェーブ ヒーラー (波動調整で心に響く音楽療法が可能になる)

体験談 サウンド ウェーブ ヒーラー パティオ イカウイイ(Patio Ikauii)

私が、サウンド ウェーブ ヒーラーの伝授を受けて依頼、私自身の声が拡張され、
想いが伝わりやすく、人の心へ届くようになりました。
そして、私のボイストレーニングを受ける人(生徒)の心、
性格、性質、そして特徴が手にとるようにも感じるようになりました。
と同時に生徒さんの変化も大きく、声の出し方や音質だけでなく、
性格等にも変化が見られるようになりました。

以下、例を紹介いたします。

幼少期の大手術による頭の傷からいじめに悩まされ、引きこもり、外見コンプレックスを
持つ30代男性

学生時代のトラウマから社会人としての生活になじめず、対人恐怖症と言語障害に
悩んでいた彼は、ご縁があって家族の勧めで私のボイストレーニングを受けることになりました。
初めてのレッスン日、彼の姿勢はすっかり変わり、喜んで帰って行く姿がとても印象的でした。
2~3度目には、人と目を合わせて会話をするようになり、家族からも喜びの声をいただいています。
2か月が経過しようとしている現在では、スタジオに元気よく訪れ前向きにレッスンを受け、
人と話すことの楽しさを覚え始めています。
声だけでなく、表情から姿勢、性格にいたるまで変わったことが誰の目からも分かります。

バックミュージックに私の音楽を使用している喫茶店の場合

心地良さが増し、集客につながっていると思われます。店の雰囲気も明るくなり、
お客さんの評判も良く、マスターからは感謝の声をいただいています。

介護施設の慰問コンサートでは

慰問コンサートを開催すると、最初は興味を持たなかった施設の入居者が、
私の音楽に呼び寄せられ、耳を傾け始めます。
そして、多くの人が、童謡など知っている歌を一緒に口ずさみ楽しんでくださいます。
また、音楽によって感情が高まり、時に涙を流したり、あるいは普段ほとんど会話のない人が
おしゃべりしだしたりすることもあります。
これには介護している方々も驚きを隠せないようですが、同時にとても喜んでくださっているのがよくわかります。
コンサートの晩は、みんなよく眠ることができ、次の朝も元気に活動される方が多いそうです。

ある団体コンサートでは

会社などの団体からコンサートを依頼された場合、自己啓発に近い効果があると
喜ばれるケースも少なくありません。
一緒に歌ったり、音楽を聴くことで、活力が高まり仕事がスムーズに進み
営業成績までもが向上する効果があると感謝をいただいています。

赤ちゃんのかんしゃくに悩むお母さんの場合

毎晩毎夜、泣き叫ぶ赤ちゃんを心配して、お母さんから相談を受けました。
そこで赤ちゃんとお母さん二人一緒に私の歌う子守唄を聞いてもらいました。
すると赤ちゃんは落ち着きを取り戻し、寝つきがよくなりました。
きっと、お母さんと赤ちゃんのバランスが整ったのでしょう。

ある外科医の場合

近年、手術中にBGMを流す病院が一般的になっていますが、
特に患者からリクエストが無い場合には、私の曲を使っているという医師がいます。
彼は、私の曲で執刀するとなぜか気持ちが落ち着き、手術がスムーズに運ぶと言い、
そのうえ患者の術後の回復も早いと、驚きを隠せない様子です。

伝授(サウンド ウェーブ ヒーラー)を受けて以来・・・

私が歌うと、皆様から‘心にジーンときて涙が出てきてしまうよ’と、よく言われるようになりました。アーティストとして皆様に感動していただけることは、本当に嬉しいことで、歌を通じて喜んでいただき少しでも皆様の幸せに貢献出来ることは、私の心からの願いです。